読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一気嗄声―BusterTK's Blog

僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

鬼謀

どうも。今日はウルストのお話です。

気づいたらウルストの修正一覧(仮)が公開されていたので
自分なりの目線で感想を書こうかなと思います。
今日は一番使っているサガットについてですね。1つ1つコメントを。

1、近距離立ち弱K(2段目が各種キャンセルが可能に)
かなりでかいですね。自分は相当落ち着いてないと立ち弱K1発目キャンセルが
しゃがみ弱Kキャンセルになってしまいます。スト4から比較すると
ヒット数が1個増えたうえにキャンセル可能とアッパー調整になりましたね。

2、タイガーニークラッシュ(初段強制立ち喰らい)
1段目だけあたって2段目がスカる現象を修正するための案だと思われます。
確かに場所によって、キャラによって1段目があたってるのに2段目がスカって
反撃確定を貰ってしまうことがあるのでこれもいい修正だと思います。

3、EXタイガーニークラッシュ(ガードされたとき硬直差±0)
巷では最強のEX技と言われていたり言われてなかったりするEXタイガーニー。
硬直差がなくなるとはびっくりです。これ単体でどうというわけではないですが、
読みあいが少しでも有利になったのは大きいですね。

4、タイガーディストラクション
(空中ヒット時ダメージ減、前進距離短く、画面端空中でもフルヒット)
何ともいえない調整です。まず、画面端空中でフルヒットはかなり嬉しい。
キャラによってはスカッてしまうことすらありましたからね。
ただ、その代わりにダメージが落ちて更に前進距離まで落ちたということで
対空ステハイからウルコンというのは少し難しくなったのかもしれません。

5、タイガーキャノン
(空中の相手にもフルヒット、空中ヒット時ダメージ減少)
昇竜滅がフルヒットして、アパカキャノンがフルヒットしない。なんでや!
七不思議がついに解消されました。が、それに伴い威力も落ちました。
威力ではディストラクションに負けてますが、前進距離弱体化で
確定状況が減るとキャノンの方が強い局面が増えるのかもしれません。

6、タイガーアッパーカット(セビキャン前ダッシュで硬直差−5)
ほとんどの昇竜系技がこの調整をくらったようですね。
これで割り込みアパカはほぼバクステするのが確定になってしまいました。
リュウだったらバクステすると滅入れられませんけどサガットだとキャノン
発生早いので入れられると思われます。その点サガットにはそこまで−でない?
問題はディストラクションがバクステから入るかですね。
これでフルヒットしなかったら悲しい。

というわけでサガット調整感想でした。今日はこの辺で。