読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一気嗄声―BusterTK's Blog

僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

アタック25と私

どうも。今日はアタック25に関する話でも。

 

自分の趣味の1つにクイズがあります。

そしてクイズに関する夢の1つにアタック25への出場があります。

 

アタック25を初めて見たのは10年以上前です。当時は知識量がまったくなく、

ただめまぐるしく変わるパネルを面白がって見ているだけでした。

 

しかし一昨年あたりからクイズの勉強をするようになり

アタック25の予選会にも応募するようになりました。

 

ファンブック・ネットにもある通りアタック25への出場は厳しい道のりです。

そもそも予選会に出れる確率が10%しかなく、その先にも沢山の壁があります。

あらゆる壁を越えた人だけがあのテレビの本放送に映っているのです。

 

一方、自分はまだ予選会への応募は2回。予選会出場1回だけとなっています。

予選会は年3,4回しかないことを考えると10年ぐらいで出場権獲得まで

行けたら上出来なのではと思っています。(出場権≠出場決定ではありますが)

 

さて、夢の実現のために自分が普段クイズでやっていることはいたって単純です。

クイズゲーム・テレビ番組などで分からなかった問題をワードでまとめ、

時間がある時に覚えたり整理したりするだけです。

 

更にこのブログで行っていることとしてアタック25本放送の問題文写しがあります。

問題文書き写しの効果は正直不明です。ただ、いつか予選会などに出場した時に

短時間でアウトプットの練習をしたい場合に使えるんじゃないかと思ってます。

 

もし、同じようにアタック25を目指している方がいて

過去問として活用していただければもっと嬉しいです。

 

問題文の書き写しはなるべく早くやっていこうと思います。

問題文が全て読まれなかったり、画像問題で文章ではよくわからないなど

いろいろ障壁はありますが、蓄積していけばきっといい勉強材料になるはずです。

 

早速、明日からまた書き写しを始めていきたいと思います。

過去の分を見たい方はカテゴリ欄Attack25からご覧ください。

 

それではまた明日。