読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一気嗄声―BusterTK's Blog

僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

不可解

考察

どうも。今日は以前予告したTF2のSRについての考察です。

TF2ことTeamFortress2はスナイパーライフルが
かなり冷遇されているゲームと言っても過言ではないでしょう。

ズームしている時間に威力が比例するというシステムがあったり、相手のクラスに
よっては体力が高いためにヘッドショットをしても一撃死にならなかったりと、
FPSの概念を根底から覆す仕様となっています。

またスナイパー自体の体力も非常に低いため、繊細な立ち回りを要求されます。
元々スナイパーは初心者の方にはオススメできませんが
このゲームでは更にお勧めすることはできないでしょう。

よって、TF2では特にスナイパー対策と言ったものは存在しないと思われます。
それはスナイパーが以上に述べたように他のゲーム比べ難易度が高いことと
スパイの存在が挙げられます。

スパイはご存じのように後ろから変装ないし透明になってナイフで刺すことで
どんなにHPがあっても一撃で葬ることができます。

対策としては動き回ったり、味方であっても一応銃撃してみてスパイかどうかを
チェックする(TF2にフレンドリーファイアはないです)が挙げられますが
スナイパーは動き回るクラスでないためスパイとの相性はかなり悪いです。

TF2自体他FPSに必ずあるはずのアサルトライフルが存在しないため、
FPSとして一緒にしていいのかどうかという議論はありますが
スナイパーがないとこうなるのかなと思うとそれはそれで面白いです。

リアル系FPSはもういいかなという方には是非オススメのゲームですね。
今日はこの辺で。明日はPMについて考察します。