読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一気嗄声―BusterTK's Blog

僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

コンフィグファイルをつくる

CSGO

どうも。今日はコンフィグファイルの作り方です。

コンフィグファイルとはコンソールに入力するコマンドをまとめたものです。
このコンフィグファイルを実行させるように指示することで
コンフィグファイル内のコンソールコマンドをすべて実行してくれます。

今回はキルの帝王の獲得を目的としたコンフィグファイルを作ることにします。
とりあえずメモ帳を起動し、任意の名前(今回はrapidとします)で保存します。
どこに保存するかは後日書きます。今はデスクトップにでも保存してください。

コンフィグファイルの拡張子は.cfgなので保存する際はrapid.cfgとして保存します。
そうするとファイル名はrapid.cfg.txtとなっていると思います。
これだとテキストファイルだと認識されているので.txtを名前の変更で削除します。

削除できない(.txtが表示されていない)場合は拡張子の設定を行います。
コントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ→フォルダーオプションと進み
その中の表示タブの詳細設定の中にある「登録されている拡張子は〜」の
チェックを外しましょう。これで名前の変更の時に.txtを消すことができます。

編集するときは名前の変更から.txtとし、完成したら.cfgとすることで
編集および実行がいつでも可能になります。ちょっと面倒なんですけどね。

では次回から具体的な設定にいこうと思います。
今日はこの辺で。