読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一気嗄声―BusterTK's Blog

僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

カンニング

Arcade Games

どうも。今日はマジアカのお話です。

ボウリングに行くついでにマジアカも並行してやっています。階級は中級魔術師です。
ここまでくると流石に簡単に階級は上がらず1プレイで1個級が上がればいいかな
という状態なので魔道士に到達するのは結構先になってしまうかもしれません。

前回も述べたとおり基本的にペガサスリーグでしかやっていません。
ペガサスリーグは問題の難易度もちょうどよくまず準決勝には確実に進出できるので
分からない問題ばかりで萎えるとかそういうことがないのでいいですね。

で、使える魔法が3種類になったのでそれぞれについて軽く考察しました。

1、ヒント☆(最初から使用可能)
オーソドックスな魔法だと思います。特に使えるのは連想問題。
これを使用すると通常では、時間が経過しないと表示されない問題文が残り時間に
関係なくすべて表示されます。そのため通常プレイよりも早く回答しやすく、
正解しやすいのみならず得点アップにもつながる一石二鳥な魔法です。
逆に使いづらいのは○×。ただ単純に○、×それぞれの選択率が表示されるだけです。
多数派だからと言って必ずしも正解とは限らないのでうまみはないです。
別にヒント使わなくてもそもそも50%の確率で当たりますしね。

2、得点ブースト(見習いから使用可能)
これも非常に使いやすい魔法です。文字通り正解時の得点がアップします。
全問正解かつ素早く回答しこの魔法も使えると100点オーバーも不可能ではありません。
外すとまったく意味がないので確実に知っている問題で使う点だけ注意。

3、センリガン!(中級魔術師から使用可能)
主に決勝戦向け。決勝戦の特に分からない問題で絶大な効果を発揮します。
これを使い相手が回答した瞬間に同じ回答をすることで
正解、不正解に関わらずその問題では差がつかないことになります。
つまり1問引き分けにして次の問題に進めるわけです。
回答スタイルが4択か○×しかないペガサスリーグでは特に有効です。

自分は得点ブーストとセンリガン!を使ってます。
決勝での勝率は6割を超えているのは多分センリガン!のおかげです。
次の魔法は魔道士にならないと使えないからしばらく後かなー。
とにかく、魔道士がひとまず目標なので頑張ります。

今日はこの辺で。