読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一気嗄声―BusterTK's Blog

僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

【スト5】ネカリ連携コンボ集

どうも。ネカリ記事第5弾です。今日はコンボや連携についてです。
あまり長くなるのもよくないので10個箇条書きでまとめました。

 

1、立弱K→立中Kor弱・EX大地の仮面
立弱Kから始まる連携。立弱Kはガードさせてネカリ側2F有利なので次の立中K(発生5F)が相手の通常技暴れに全面的に勝てます。ガードを固める相手には通常投げが届かない一方大地の仮面が届くので裏の選択肢として使っていきましょう。立弱K→立中Kは持続当てないしカウンターヒットしないとコンボにならない点だけ注意。

 

2、立中K→屈中P→弱円盤の導き(ダメージ/スタン:186/310)
先ほどの連携で立中Kがヒットしていたら繋げたいコンボ。例え立中Kがガードされていても立中K→屈中Pは先ほどと同じく相手の3F通常技暴れに勝つことができ、屈中Pはガードさせてこちらが2F有利のため全部ガードされても攻めを継続できるのが強み。

 

3、ジャンプ大P→屈大P→中勇猛なる決起→屈中P→弱円盤の導き(314/525)
ノーゲージ最大コンボ。スタン値も半分ゲット。
弱円盤はEX円盤にしてもOK。356/555に向上する。
変身した後は立大Pを屈大P、弱円盤を中円盤にすると尚良い。ダメージ380。

 

4、めくりジャンプ中K→立中P→屈中P→弱勇猛なる決起→CA(417/340)
確認が楽。立中Pを立中Kにしてしまうと弱勇猛なる決起が当たらない

 

5、(変身後)屈弱K→屈弱P→大猛る灯火(159/253)
変身前でも当たらないことはないが少し離れていると灯火が当たらない。
変身すると大灯火の攻撃判定が横に拡大することを利用したコンボ。


6、(変身後)屈中K→中円盤の導き(167/235)
変身前は屈中K→弱円盤が繋がらないが変身後は何と中円盤でも繋がる。
またタメもいらないのでいつでも仕込める

 

7、屈中Pー(キャンセルVトリガー:CVT)→屈大P→大勇猛→EX灯火(306/468)
変身すると屈大Pの発生が9F→7Fに強化されるので立大Pに比べ簡単です。
EX灯火は大灯火でもいいが離れているとスカる。スタン値高めのコンボ。

 

8、立大K(カウンター)―(CVT)→前ダッシュ→屈大P→中勇猛(ry(350/505)
変身がらみで一番痛い。画面も横に半分ほど押し返す。前ダッシュのおかげで技が届かないことが少ないのがよい。

 

9、(画面端)EX大地の仮面→立弱P→ダッシュ
数少ない裏回り連携。立弱P後早めにダッシュすると相手の後ろに、遅めにダッシュすると相手の正面に立つ。あとはコマ投げや打撃でじゃんけんぽん。

 

10、解放の短刀(カウンター)→前ダッシュ→屈弱P*2→EX勇猛(257/359)
やってる人見たことない。昇竜をガードしたときにダメージよりも変身を優先したい人向け。ネタコンとか言わない。これも前ダッシュするので技が届かないことは少ない。しいて言えば短刀からの屈弱Pは全て最速なので焦るとミスる

以上使うことが多いと思われる連携・コンボ集でした。少しでも参考になれば幸いです。今日はこの辺で!