読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一気嗄声―BusterTK's Blog

僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

【クラロワ】自分なりの結論そして

どうも。アリーナ7に到達したおかげですっかりモチベが落ち着いたぶぁすたーです。

 

まだまだデッキづくりは楽しかったりするのですがそれをやっているとかなり時間を持っていかれてしまうので今日は自分への戒めを込めて、個人的に編み出した最後の結論めいたデッキを紹介したいと思います。クラクラの時と同じですね。

 

というわけで早速デッキ紹介です。

 

ロイヤルジャイアント(LV9)、バーバリアン(LV9)、テスラ(LV9)
ガーゴイル(LV9)、ザップ(LV9)、槍ゴブリン(LV9)
ポイズン(LV4)ファイアボール(LV6)

 

個人的に反則だと思っているロイヤルジャイアン、そして1回だけ出てきたスーパー魔法の宝箱の中身であったポイズンの2つをどうしても使いたくて組みました。ポイズンこそスーパーレアですがそれ以外はレア以下なので組む難易度は低いと思います。

 

基本方針は守りに全力を尽くします。このとき相手ユニットとクラウンタワーを巻き込みながら呪文を使い、攻めながら守りますポイズンレベル4はダメージが最大550までいくため、ガーゴイルやゴブリンなどの低コストユニットに滅法強い上にザップと組み合わせるとウィザード、バーバリアンなど中コストユニットも倒せます

 

また、ファイアボールもそれ単体でファイアボールのレベルより1低いマスケットおよびウィザードを消し飛ばすことができます。この2ユニットは後ろから出されることが多いのでクラウンタワーごと巻き込むことを心がけましょう。

 

注意事項としてザップ+ポイズンなどをやるとエリクサーを相手より消費していることがあります。相手の出してきたユニットを見てポイズンだけで止めるべきかザップも追加すべきかしっかり判断しましょう。腕の見せ所ですね。

 

ロイヤルジャイアントはエリクサー2倍の時間帯にエリクサーが余ったときに出すぐらいの感覚です。主な天敵はバーバリアンやガーゴイルの群れですが、その場で無理に倒そうとせずポイズンなどでカウンターできないようにしておけばいいと思います。

 

以上を繰り返し1クラウンだけ何とか壊して勝ちに行きます。正直これで2タワー以上壊したことはなく、更にはほぼ間違いなくサドンデスに突入します。エリクサーが2倍になる(サドンデス含む)ラスト2分で相手のタワーHPが1500を越えてることもままありますがロイヤルジャイアントが活躍してくれると2分でもなんとか間に合います。

 

ここまでプレイしてきての印象ですが、相性としては小屋系デッキと相性がよく後出しインフェルノタワーをしっかりやってくると苦戦を強いられる傾向にあります。

 

相手のユニットを完全に裁き切る必要があり、ミスが許されないデッキだと思いますが、完璧に受け切ってポイズンでタワーを壊したときなどの爽快感は最高です。

 

というわけでぶぁすたー式デッキの紹介でした。終わってみれば結構クラロワも楽しかったです。ここで得た考え方やプレイスタイルが三国志大戦4に活かされればもっといいですね。今日はこの辺で。