読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一気嗄声―BusterTK's Blog

僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

【スト5】シーズン2ネカリを考えるその1

どうも。新年1発目は第12弾となるネカリ攻略記事です。今回は昨年12月に調整が入ったシーズン2ネカリ(以下S2ネカリ)の変更点について述べていきたいと思います。

 

1、前投げの有利フレームが6F減少
シーズン1ネカリ(以下S1ネカリ)の時は前投げをした後前ステップ→屈中Kとすることで相手の起き上がりに重ねることができ、CAに繋げられることも相まって強力な連携でした。しかし、S2ネカリでは上記調整により出来なくなりました。ただし、画面端では前投げの後に前ステップ→前投げが相手の3F暴れを潰しながら投げれるようになりました。(S1ネカリでも可能でしたが体感で投げを重ねる分若干難易度が高めでした。)

 

2、立中Kの持続が3Fに延長
ガードさせてネカリ側有利かつヒットすればコンボに繋げられる立中Kの持続が2Fから3Fになり相手の起き上がりに重ねやすくなりました。S1では立弱Kが重ねとしてよく使われましたが、立中Kは立弱Kと比べて発生が1F遅い代わりに通常ヒットでもコンボに繋げられるので今後は状況によって使い分けていくこととなるでしょう。

 

3、立中Pをガードさせて五分に
S1ネカリでガードさせてネカリ側2F有利だった立中Pが±0Fになりました。立中Pはけん制や固めとして優秀な技だったのでこの修正はかなり痛いと思われます。

 

まだまだあるのですが長くなりそうなのでその2へ続きます。できなくなったこともありますがその一方でやりやすくなったことも増えていますね。今日はこの辺で。