読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一気嗄声―BusterTK's Blog

僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

パソコンスピード認定試験日記その1

日常

どうも。以前タイピングが要求される3つの検定を受験することを書きました。

頼んでいた過去問題集および模擬問題集が届いたので早速取り組んでいます。

 

今回お話するのはパソコンスピード認定試験についてです。

↓↓詳細はコチラ↓↓

パソコンスピード認定試験 日本語|日本情報処理検定協会

 

この試験は日本語と英語の2種類がありそれぞれが独立して級認定されます。

要求されるのはただ1つ、タイピングの速さです。

日本語の場合は1500文字以上を打てると最高位である初段と認定されます。

 

正直初段が最高位だと履歴書に書いてあった場合に

「なんだ三段とかじゃないんだ」

って話になりそうな気がしますが、おそらくそれは日本人が

剣道や柔道、将棋などに先入観を植え付けられているからなのでしょう。

 

くだらない考察はさておき、とにかく速く打つことが求められます。

ミスがあった場合にはもちろん減点となりますが

日本語も英語もそこまでペナルティは厳しくなく、

正確性も要求されないため多少のミスは気にしなくても大丈夫みたいです。

 

具体的な話、また自分の練習の詳細についてはその2で書いていきます。

今日はこの辺で。