一気嗄声―BusterTK's Blog

僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

挨拶・運営方針など

(↓↓最新の記事はこの記事の下にあります。↓↓)

こんにちは!一気嗄声―BusterTK's Blogへようこそ!

当ブログを運営・管理していますぶぁすたーと申します。

 

このブログは私の趣味であるゲーム・クイズ・ボウリングなどを話題の中心に

はてなダイアリーで活動していたものをはてなブログへ移行したものです。

 

こちらでは主にクイズ、特にアタック25を中心に記事を書いていきます。

具体的にはアタック25の放送の問題を文字で書き起こしていくという内容です。

過去問だと思って参考にしてもらえれば非常に嬉しいです。

 

また、他人に自慢できる技術はもっていませんが、ゲームやボウリングについても

攻略ないしやっていて気付いたことを書いていこうと思っています。

 

自分のために書いている側面もありますがこのブログが何らかの形で

ご覧になっている皆様のためになるのであればこれ以上のことはありません。

 Twitterもやっています。呟く頻度は少ないですが是非ご覧ください!

それでは、ごゆっくり。

 

ぶぁすたー

Apex役に立った動画4選

どうも。今日はApexの話題です。

 

マスターになったのでなる過程で頑張ったこと的なものでも書こうかと思ったのですが「固定組んでメンバーと相談しながらランクをたくさん回していった」…もうこれ以上でもこれ以下でもないので書くのを断念しました。その代わり、今回は、マスターを目指す上で特に参考になった動画を4つ紹介したいと思います。

 

1,敵が見やすくなる設定

www.youtube.com

タイトルの通りです。GeForce Experienceを使ってコントラストや明るさをイジることで敵を見やすくしようという動画です。結構これは効果が高かったように思います。ただ、めちゃくちゃ目に悪いので長時間プレイには向いてないです。自分は固定で活動していた3週間のうちラスト1週間はかなりしんどい思いをしながら画面に向かっていました。

 

2,ADS時の感度について

www.youtube.com

全編英語の動画ですがADSの感度についての動画です。ADS状態は平時の状態と視野角が小さくなるため感度を同じにするとより多くマウスを動かさなくてはいけません。どうにかこの違いを修正できないかと思って探したところこの動画にたどり着きました。どう計算してこうなるのかはよく分かりませんが自分にはめっちゃ合いました。

 

3,遮蔽を使うとは

www.youtube.com

遮蔽物を使うということを一段深いレベルで解説している動画。とんでもなく有意義な30分でした。これを見てから自分の動画を見返したところ、例えば高所を取って上から撃ち降ろす際に1歩や2歩余計に前に出ていることがわかりました。動画を見て意識を変えてから、被弾が少なくなるので退かずに戦いやすくなったり、そもそも前に出ていないので退くのも楽になったりと良いことづくめでした。

 

4,AIMとは何なのか

www.youtube.com

AIMの種類について解説された動画。自分はフリックを苦手としていたのですがこの動画を見てそれ以外にも苦手なものがあるということがわかり、個人練習での大きなテーマとなりました。ちなみに、この動画をアップされているそのさんの動画はこれ以外にも有益な動画が揃っているので個人的にオススメです。

 

いかがでしたでしょうか。少しでも皆さんのApexライフの充実に繋がれば幸いです。今日はこの辺で。

脱力と次の目標

どうも。今日は近況報告的なお話。

 

ゴールデンウィークは何もなく終わりました。世の中的な状況もあってそもそも出かける予定はなあったのですがApexに全てを注ぎ込みすぎたせいで家はゴミだらけ、仕事もいろいろなものを放置と時間のほとんどが現実の立て直しに費やされました。

 

さて、Apexシーズン9ですがマスターを目指すことを断念することとしました。一時期はシーズン9両スプリットマスターでバッジを光らせようかとも思いましたが、また再び多くの物を犠牲にしてまでマスターを目指そうという気にはなれませんでした。

 

しばらく放心状態が続いていたころ、友達からダイヤを目指したいのでいろいろと教えてほしいと言われました。ここまで人一倍考えてやってきたつもりだし、集大成として良いかもしれないと思って今は友達のコーチングをやっています。

 

また、個人としては別のゲームで新たな目標を立てようと考えています。具体的にはバロラントに再復帰してダイヤを目指すこととあまりに放置しすぎた三国志大戦(現在13陣)の方をせめて大尉に持っていこうかと検討中です。

 

次回以降の記事で何かしら進展したことを報告できればと思います。今日はこの辺で。

Apexマスターへの道その3

どうも。今日もApexの話題です。まずはこちらのツイートを。

 …なんとマスターになることができました!前回書いた通り、2週間前まではシーズン9までに間に合うのかと思っていたものがまさか今スプリットでなれるとは思いませんでした、自分でもかなり驚いています。

 

前回の記事で突破口を探そうと思い立ちその後考えた結果、固定を組もうという結論にたどり着きました。個の力ではダイヤ帯で優位を取れない分それ以外でカバーしようという算段です。そして、身内で組むと甘えが出ると思ったため初対面の人と固定を組んでストイックに取り組むことにしました。

 

固定を結成することは使用レジェンド・武器の固定化ができるようになり、また物資の融通も効きやすい点で有利だと組む前から想像していました。しかし、実際やってみるとそれ以上に大きなメリットがありました。それは同じ時間を共有することでチームとしての対応力が上がるということです。

 

マップが固定されている以上同じような場面・状況は結構あります。「昨日2位だった試合の安地に近いから今回はこうしよう」「ここを通るときに襲われることが多いからあらかじめスキャンしよう」などなど回せ回すほど経験値が蓄積され、フィジカルのない自分たちにとって大きな武器になりました。

 

固定メンバーは全員マスター未到達、レジェンドは自分がブラハで残りがジブラルタルとホライゾンでした。1回の活動でおおよそ3時間ランクを回し、のべ60時間以上一緒にプレイしました。もちろん個人練習も活動が始まる前にやりました。また、以前の経験から睡眠時間を取った方がより良いパフォーマンスを出せると分かっていたので個人練習の前には仮眠の時間も取りました。平日は夜8時から寝るまでの時間全てをApexに注ぎ込んでいました。

 

終わってみればKDはたったの0.97、平均与ダメは386と凄惨たる結果でしたが、それでも今までFPSで最高ランク(Apexも厳密にはプレデターがありますが)に到達できたことがなかったのですごくうれしかったです。

 

シーズン9以降どうするのか、今後の目標は未定ですが少し休んだ後でこれから考えていこうと思います。今日はこの辺で。

Apexマスターへの道その2

どうも。今日はApexのお話です。

 

過去最速でダイヤになり、ダイヤ帯にチャレンジしたものの敵が強すぎて全く歯が立たなかったのが前回のお話でしたが2週間経っても状況はあまり変わりませんでした。

 

以前に比べれば打ち勝てる相手も多少は居るような気がしますが、それでも相手に対する優位度はわずかなもので、少しでもミスをすれば簡単にひっくり返されるという感じです。プラチナ以下なら許される行動もダイヤでは許されないなと痛感することが多々ありました。

 

もう少し簡単にマスターにいけるかなと思っていたのがそうではなさそうだということが判明してちょっと心が折れかけています。一応今スプリット含めて3スプリット分時間を取っているとはいえそれで足りる壁なのでしょうか…。

 

ただ、簡単にあきらめるわけにもいかないので突破口がないかどうかまだ探って行こうと思います。今日はこの辺で。

Apexマスターへの道その1

どうも。前回の予告通り今日はApexの話題です。よいよ、スプリット2が開始されました。スタートダッシュを決めるためにスプリット1で急いでダイヤ4昇格しておいたことが功を奏し、シーズン開始から4日でダイヤ4に到達できました。

 

ちなみにこれは今までの記録上最速記録だったりします(以前は7日が最速)。キルポイントが5から6に上限緩和されたり、順位ポイントが追加されたりと以前に比べれば上げやすい環境にはなりましたがこの記録更新は個人的に大きな自信になりました。

 

で、ダイヤ帯に取り組んでみたのですがはっきりいってボコボコにされました。まるで昔のフリー帯を思い出させるかのような状態でした。でも、これにはハッキリとした原因がありました。ズバリ上げるのが速すぎたのです。

 

仕様変更でダイヤ帯が設置されたとはいえダイヤの人数が少ないとマスター以上が入ってきます。(というかマスターから見たらマスター以上の人口はさらに少ないのでそれらを埋めるためにダイヤが巻き込まれるといった方が正しいでしょう)

 

ということでダイヤ帯の人口が一定数増えるまでは以前のフリー帯のような状態になってしまうわけです。解決策はただ1つ。ダイヤ帯の人口が増えるまで待つことのみです。上記のことが判明し、現在は度々ソロでマスターを目指している方の配信を見たり実際に自分で回してみたりして様子を伺う生活が続いています。次回の記事ごろには落ち着いているとありがたいですがどうなることやら。今日はこの辺で、次回に続きます!

結局またApexに戻った話

どうも。今日は久々にApexの話です。VALORANTをやっていて長らく離れていたApexでしたが復帰することにしました。理由はランクマッチにダイヤ帯が追加されたからです。

 

以前の仕様ではダイヤ4まではプラチナ帯と一緒にマッチングしており、ダイヤ3以上になるとフリー(プレデターやマスターランクとも当たる)という構図でしたがシーズン8よりダイヤ4からダイヤ1まではダイヤ帯のみでマッチングするようになりました。

 

この仕様変更によりマスターへの到達難易度は下がり、自分の周りでもちらほらとマスターへ到達したという報告が聞かれるようになりました。かつてフリーでボコボコにされてマスターへの夢を諦めていた自分にとってリベンジの機会がやってきたわけです。

 

しかし、シーズン7はほとんどやらずリハビリが必要で、しかもスプリット1も終盤となっていたので次のスプリット2から挑戦を開始することとしました。そして、だらだらやっても仕方ないのでシーズン9終了まで頑張ってダメだったら諦めると時間制限も設けることにしました。

 

ということでこのブログでも次回以降からマスター到達までの近況報告や考えたこと・発見などを書いていくこととします。ブランクもあり、またどの程度の難易度なのか全く想像もつかないですがこの3ヶ月は精一杯取り組みたいと思います。今日はこの辺で。

VALORANTプラチナに辿り着いた話

どうも。今日はVALORANTの話です。224日にプラチナ1に昇格し、227日にプラチナ3に上がることができました!

 

だ、正直なところソロで達成したわけではなく友達とやって達成したものなので素直にドヤれるものではありません。(CSGOの時のLE到達もクランに所属していたときの記録なのでその点では一緒ですがw

 

統計上プラチナ2は上位8.4%にあたり、CSGOLEを記録した時よりも上位何%という観点では上回ることができました。ひとまずの目標達成です。紆余曲折ありましたが1ヶ月ちょっとで踏めたのはとても嬉しかったです。

 

前回の記事で書いた通り今までとは違うスタンスや考え方で取り組んだことが良かったんだと思います。OVERWATCHの時はひたすらソロで回してたんですがその時の反省が活きた形ですw

 

目標達成したのでVALORANTの方は一旦お休みしようと思います。今後は何かやることを探す時間に費やそうかと思います。今日はこの辺で。

VALORANT苦戦記2

どうも。今日はちょっと考察的なもの。

 

VALORANTは相変わらず苦労しています。とはいえ、この手の苦労は他のゲームで何度も経験しているので前よりは取り組み方がだいぶ変わったなと感じています。今日はVALORANTへの取り組みを通じて感じたことを書いていきたいと思います。

 

1、上手い人の動画から得られるのは「誰が使っても同じ要素」だけ

取組みの中で上手い方の試合や配信を結構見ました。しかし、あまり参考になりませんでした。というのも上手い人とは元々の射撃スキル(リコイルやエイム)が段違いです。持ちものが違えば判断も違います。

ただ、逆を言えば自分でもプロでも同じ要素については真似できます。自分は最近オーメンを使っていますが例えばオーメンのスモークは置く場所が同じなら基本的には誰が使っても同じです。違いを生み出せるとしたら使うタイミングだけです。そういう意味では差が付きづらい要素だと思います。実際、スモーク関連の動画は参考になりましたしすぐ実戦にも生かされたと感じています。

 

2、見るべきものは自分のリプレイ

では見るべき動画は何か、自分の答えは「自分のリプレイ」です。自分のリプレイでは、自分がその時になぜその行動をしたのかを思い出すことができるのが最大の特徴です。そしてその判断が実際に合っていたものなのか後から冷静になって分析できます。特に自分のVALORANTは試合数を重ねていない事も相まって色々なイベントが重なると軽いパニックに陥ることがありました。これらを録画し、後で「本当にパニックになる状況だったのか?」というテーマで見返すと実に様々なことが発見できました。具体的には急いで詰めたり寄ったりする必要があったのか、相手のULTやスキルを必要以上に警戒する(ビビる)必要があったのかなどです。こうすることで簡単に自分のプレイを改善できましたし、何より同じような状況がまた起きた時にそもそもパニックにならずに済みました。

 

ということで以上の2点を感じながら、ランクはまだゴールドですが確実に成長していってます。自分の動画を見返すのは楽じゃないし気持ちの良いものではないので正直しんどいですがここは耐えて何とかプラチナランクを踏みたいです。今日はこの辺で。