一気嗄声―BusterTK's Blog

僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

挨拶・運営方針など

(↓↓最新の記事はこの記事の下にあります。↓↓)

こんにちは!一気嗄声―BusterTK's Blogへようこそ!

当ブログを運営・管理していますぶぁすたーと申します。

 

このブログは私の趣味であるゲーム・クイズ・ボウリングなどを話題の中心に

はてなダイアリーで活動していたものをはてなブログへ移行したものです。

 

こちらでは主にクイズ、特にアタック25を中心に記事を書いていきます。

具体的にはアタック25の放送の問題を文字で書き起こしていくという内容です。

過去問だと思って参考にしてもらえれば非常に嬉しいです。

 

また、他人に自慢できる技術はもっていませんが、ゲームやボウリングについても

攻略ないしやっていて気付いたことを書いていこうと思っています。

 

自分のために書いている側面もありますがこのブログが何らかの形で

ご覧になっている皆様のためになるのであればこれ以上のことはありません。

 Twitterもやっています。呟く頻度は少ないですが是非ご覧ください!

それでは、ごゆっくり。

 

ぶぁすたー

Apexマスターへの道その1

どうも。前回の予告通り今日はApexの話題です。よいよ、スプリット2が開始されました。スタートダッシュを決めるためにスプリット1で急いでダイヤ4昇格しておいたことが功を奏し、シーズン開始から4日でダイヤ4に到達できました。

 

ちなみにこれは今までの記録上最速記録だったりします(以前は7日が最速)。キルポイントが5から6に上限緩和されたり、順位ポイントが追加されたりと以前に比べれば上げやすい環境にはなりましたがこの記録更新は個人的に大きな自信になりました。

 

で、ダイヤ帯に取り組んでみたのですがはっきりいってボコボコにされました。まるで昔のフリー帯を思い出させるかのような状態でした。でも、これにはハッキリとした原因がありました。ズバリ上げるのが速すぎたのです。

 

仕様変更でダイヤ帯が設置されたとはいえダイヤの人数が少ないとマスター以上が入ってきます。(というかマスターから見たらマスター以上の人口はさらに少ないのでそれらを埋めるためにダイヤが巻き込まれるといった方が正しいでしょう)

 

ということでダイヤ帯の人口が一定数増えるまでは以前のフリー帯のような状態になってしまうわけです。解決策はただ1つ。ダイヤ帯の人口が増えるまで待つことのみです。上記のことが判明し、現在は度々ソロでマスターを目指している方の配信を見たり実際に自分で回してみたりして様子を伺う生活が続いています。次回の記事ごろには落ち着いているとありがたいですがどうなることやら。今日はこの辺で、次回に続きます!

結局またApexに戻った話

どうも。今日は久々にApexの話です。VALORANTをやっていて長らく離れていたApexでしたが復帰することにしました。理由はランクマッチにダイヤ帯が追加されたからです。

 

以前の仕様ではダイヤ4まではプラチナ帯と一緒にマッチングしており、ダイヤ3以上になるとフリー(プレデターやマスターランクとも当たる)という構図でしたがシーズン8よりダイヤ4からダイヤ1まではダイヤ帯のみでマッチングするようになりました。

 

この仕様変更によりマスターへの到達難易度は下がり、自分の周りでもちらほらとマスターへ到達したという報告が聞かれるようになりました。かつてフリーでボコボコにされてマスターへの夢を諦めていた自分にとってリベンジの機会がやってきたわけです。

 

しかし、シーズン7はほとんどやらずリハビリが必要で、しかもスプリット1も終盤となっていたので次のスプリット2から挑戦を開始することとしました。そして、だらだらやっても仕方ないのでシーズン9終了まで頑張ってダメだったら諦めると時間制限も設けることにしました。

 

ということでこのブログでも次回以降からマスター到達までの近況報告や考えたこと・発見などを書いていくこととします。ブランクもあり、またどの程度の難易度なのか全く想像もつかないですがこの3ヶ月は精一杯取り組みたいと思います。今日はこの辺で。

VALORANTプラチナに辿り着いた話

どうも。今日はVALORANTの話です。224日にプラチナ1に昇格し、227日にプラチナ3に上がることができました!

 

だ、正直なところソロで達成したわけではなく友達とやって達成したものなので素直にドヤれるものではありません。(CSGOの時のLE到達もクランに所属していたときの記録なのでその点では一緒ですがw

 

統計上プラチナ2は上位8.4%にあたり、CSGOLEを記録した時よりも上位何%という観点では上回ることができました。ひとまずの目標達成です。紆余曲折ありましたが1ヶ月ちょっとで踏めたのはとても嬉しかったです。

 

前回の記事で書いた通り今までとは違うスタンスや考え方で取り組んだことが良かったんだと思います。OVERWATCHの時はひたすらソロで回してたんですがその時の反省が活きた形ですw

 

目標達成したのでVALORANTの方は一旦お休みしようと思います。今後は何かやることを探す時間に費やそうかと思います。今日はこの辺で。

VALORANT苦戦記2

どうも。今日はちょっと考察的なもの。

 

VALORANTは相変わらず苦労しています。とはいえ、この手の苦労は他のゲームで何度も経験しているので前よりは取り組み方がだいぶ変わったなと感じています。今日はVALORANTへの取り組みを通じて感じたことを書いていきたいと思います。

 

1、上手い人の動画から得られるのは「誰が使っても同じ要素」だけ

取組みの中で上手い方の試合や配信を結構見ました。しかし、あまり参考になりませんでした。というのも上手い人とは元々の射撃スキル(リコイルやエイム)が段違いです。持ちものが違えば判断も違います。

ただ、逆を言えば自分でもプロでも同じ要素については真似できます。自分は最近オーメンを使っていますが例えばオーメンのスモークは置く場所が同じなら基本的には誰が使っても同じです。違いを生み出せるとしたら使うタイミングだけです。そういう意味では差が付きづらい要素だと思います。実際、スモーク関連の動画は参考になりましたしすぐ実戦にも生かされたと感じています。

 

2、見るべきものは自分のリプレイ

では見るべき動画は何か、自分の答えは「自分のリプレイ」です。自分のリプレイでは、自分がその時になぜその行動をしたのかを思い出すことができるのが最大の特徴です。そしてその判断が実際に合っていたものなのか後から冷静になって分析できます。特に自分のVALORANTは試合数を重ねていない事も相まって色々なイベントが重なると軽いパニックに陥ることがありました。これらを録画し、後で「本当にパニックになる状況だったのか?」というテーマで見返すと実に様々なことが発見できました。具体的には急いで詰めたり寄ったりする必要があったのか、相手のULTやスキルを必要以上に警戒する(ビビる)必要があったのかなどです。こうすることで簡単に自分のプレイを改善できましたし、何より同じような状況がまた起きた時にそもそもパニックにならずに済みました。

 

ということで以上の2点を感じながら、ランクはまだゴールドですが確実に成長していってます。自分の動画を見返すのは楽じゃないし気持ちの良いものではないので正直しんどいですがここは耐えて何とかプラチナランクを踏みたいです。今日はこの辺で。

VALORANT苦戦記1

どうも。今日もVALORANTの話です。

 

前回の記事でプラチナ1を目標にしてさっさと到達してやるぜ的なことを書いたのですが…めっちゃ苦戦してますwというわけで今回はVALORANTを再開していくにあたって苦労したことについて書いていきます。ちなみに、自分は元CSGOプレイヤーです。

 

1、アビリティの存在
いうまてもなくVALORANTとCSGOの違いがアビリティです。再開した当初は自分の使っているキャラのアビリティしか把握していなかったため知識が足りなくて倒されることばかりでした。(レイナのリーア、オーメンパラノイアなど)
CSGOをやっていたおかげでストッピングはすぐできましたがアビリティの知識不足でまともな撃ち合いをそもそもさせてもらえませんでした。恥ずかしながらこれに気づくまで1週間かかり、今もなお勉強中です。最近はブリムストーンのスモークは中に入ると何も見えないのに対して、オーメンは中に入っても視界があることを知りましたw

 

2、マップの把握
ゲームが違えばマップも違います。有利な場所や設置ポイントについて1から勉強する必要がありました。これは動画を見たりゲーム数をこなすことで理解が進んできました。思えばこれはCSGOも同様でマップの知識差で一方的に倒すということはよくあることです。ちなみに、アイスボックスだけは実装から間もないこともあってほかのマップに比べて知識量の差を押し付けられることが少ない印象です。

 

以上のことにまず気が付き、そして対策を進めたことで現在シルバー2からゴールド2まで上げることができました。次回の記事ではエージェントのことを中心に書こうと思います。今日はこの辺で。

VALORANT再開しました

どうも。今日はVALORANTを再開した話です。以前、エピソード1の時に少しだけやっていたのですが、Apex Legendsなどほかのゲームがひと段落したので再開することにしました。

 

目標がないと頑張れない族なのでまずは目標の設定ということになるのですが、ひとまずプラチナ1を目指すことにしました。理由は2つあって以前やっていた時がゴールド2だったためそれよりは上を目指したいというのが1つ。もう1つは、系統として同じゲームであるCSGOでの最高到達ランクがLE(注)で、上位何%かという観点で見るとVALORANTではおおよそプラチナ1に相当するからです。
(注:昔のランクが上げやすい頃に記録したもので今ではMG2相当です。)

 

個人的にはすぐに行けるんじゃないかと考えているのですが、あっさりいけたらその時は目標を考え直して、苦戦したらそれはそれで今後の記事の中でどういうところに苦戦したのかどう突破したのか書いていこうと思います。

 

短いですが今日はこの辺で。

新年のご挨拶Ver2021

どうも。あけましておめでとうございます。いつものことですが今年も本ブログをよろしくお願いいたします。新年最初の記事は今年の目標を書いていきます。

 

1、無駄な時間の削減

今年のメインテーマです。家事や掃除など自分にとって面倒なことをやらなくてはならないのに動画を見るなど他のことに気が散ってしまい結果時間を無駄にするということがずっと前からありました。今年はその事象について特に着目し、どういう風に対策できるのか考えていきたいと思います。正直簡単ではなさそうです笑

 

2、過去最高の自分になる

去年の「他人と比較せず自分と比較する」とほぼ同じです。2020年は自分史上一番であると自信を持って言えるほどの1年でした。今年も去年良くなったところは更によりよく、苦手なところは改善を図ることで更なる「史上最高」を目指していきたいと思います。1、の目標ももちろんこれに繋がることだと思います。

 

以上今年の目標でした。そして、今年は1年の真ん中で振り返りをしようと思います。去年の記事で「今年こそはやるつもりです」といったのにまたやらなかったのでリベンジということで笑長くなりましたが今年もよろしくお願いします!今日はこの辺で。

2020年の答え合わせ

どうも。今年最後の記事となりました。今日は毎年恒例の今年最初の記事で書いた目標が達成されてるかどうか確認していこうと思います。

 

1、家事を嫌がらない

去年に引き続き今年も面倒くさがってやらなかったりと完璧とは言い難い出来でした。ただ、掃除道具をそろえたり手順を簡略化することでやる頻度は格段に増えました。あとは何かしながらじゃないと手がつきにくいことが分かったのでゲームをしながら掃除を進めるなど自分自身にも工夫をしてみました。完璧ではありませんが自分のずぼらさを考えたらこれぐらいでもいいのかなと思っています。

 

2、他人ではなく自分と比較する

正直なところ今年の年始に書いたような意気込みは夏前には既に忘れてしまっていたのですが、昨年との自分との比較という意味では大幅に飛躍した一年でした。趣味でいえばピアノがさらに上達し、今年からボルダリングを始めたことで筋力面が大幅に強化されました。またメンタリストDaiGoの動画も今年から見始めたことで今までなんとなく感じていたり考えていたことに実感が持てるようになり、より自信を持って進めるようになりました。間違いなく今年が史上最高の自分であると思います。もちろん、来年以降もさらに上を目指すつもりでいます。

 

以上今年の振り返りでした。明日は例年通り来年の目標を書く予定です。これにて2020年のブログ更新を終わります!今年もありがとうございました!