一気嗄声―BusterTK's Blog

僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

挨拶・運営方針など

(↓↓最新の記事はこの記事の下にあります。↓↓)

こんにちは!一気嗄声―BusterTK's Blogへようこそ!

当ブログを運営・管理していますぶぁすたーと申します。

 

このブログは私の趣味であるゲーム・クイズ・ボウリングなどを話題の中心に

はてなダイアリーで活動していたものをはてなブログへ移行したものです。

 

こちらでは主にクイズ、特にアタック25を中心に記事を書いていきます。

具体的にはアタック25の放送の問題を文字で書き起こしていくという内容です。

過去問だと思って参考にしてもらえれば非常に嬉しいです。

 

また、他人に自慢できる技術はもっていませんが、ゲームやボウリングについても

攻略ないしやっていて気付いたことを書いていこうと思っています。

 

自分のために書いている側面もありますがこのブログが何らかの形で

ご覧になっている皆様のためになるのであればこれ以上のことはありません。

 Twitterもやっています。呟く頻度は少ないですが是非ご覧ください!

それでは、ごゆっくり。

 

ぶぁすたー

最終話前編乾坤一擲-覇王の果てまで何マイル?

どうも。征覇王を目指して日記最終回。今日は昇格戦の模様をお届け。

 

1試合目 VS蜀群魏延バラ(覇王:昇格戦中)
1試合目から同じく昇格戦中の相手とマッチング。低コストの槍に対して衛瓘が無限に強く、邪魔しに来た魏延をこちらの馬2体でぶつけることでかなり白兵でのアドバンテージが取れていました。文鴦撃つまでの間にリードを取られず、あとは文鴦蒼略を軸にした内乱戦を仕掛けて勝利。 

 

2試合目 VS4枚八卦(征覇王)
2試合目にして征覇王降臨。文鴦緋略で無理やり城ダメを取ろうとしたものの関興1人で抑え込まれてカウンター八卦で無事撃沈。衛瓘が機能する相手だっただけに悔しい。

 

3試合目 VS5枚屍(征覇王)
泣きっ面に征覇王。屍相手には機略が有効だと思っていたものの味方掛けにならないように屍孫堅だけを範囲に入れなくてはならないため苦戦。さらに消しても士気7交換なだけで目に見えたアドバンテージがあったわけでもなかった。最終的に騎馬周泰の前に沈黙し撃沈。2連敗。

 

4試合目 VS4枚騎馬単曹真(征覇王)
征覇王としかマッチングせずにブチギレ寸前。しかし、今までで培ってきた文鴦蒼→緋→緋3連打を綺麗に遂行し勝利。やっぱりクソだよこの計略…。

 

5試合目 VS魏4郭淮夏侯惇(覇王)
夏侯惇の範囲をよく把握しておらず、序盤に3部隊入って綺麗に全滅。その後も文鴦蒼をことごとく夏侯惇に封じられ撃沈。武力と移動速度下げるって強い;;

 

6試合目 VS蜀漢5枚甘夫人(覇王)
騎馬張郃にカウンター全滅を食らい士気1余計にプレゼントするという最悪のスタートながら迎撃での撤退、城に張り付く前に挑発を打ってもらうなどラッキーが重なり逆転勝ち。調子悪いながらも勝ちを拾えたのは僥倖。

  

<昇格戦途中経過>
結果:〇×〇〇×〇
使用デッキ:槍文鴦(迅速)/機略司馬懿(征圧)/弓衛瓘(募兵)/馬荀灌(突撃)

 

思いのほか毎試合内容を思い出せるので後編に続きますw今日はこの辺で。 

第3話機略自在-覇王の果てまで何マイル?

どうも。前回の続きです。今回は3月3日から3月5日まで。

 

3月3日(火) 8勝3敗(使用デッキ:機略槍文鴦):証27声望82(残り声望118)
2勝3敗から6連勝で証2個盛りに成功。文鴦緋略連打で無理やり城ダメをとって勝つ試合が多かった。自戒の意味を込めて書くと相手のデッキが超武力を作れないデッキであればこの戦法は有効、逆に7c前後で武力14-15を殺しきれる武力が用意できるデッキには効果がないので注意。また、横弓がいないデッキ(騎馬単など)では弓衛瓘や騎馬でマウントをとってもあまり意味がない(相手のローテがうまく部隊を落とせない)。むしろ文鴦以外は全員下げてカウンターに備える方にリソースを割いた方が吉。

 

3月4日(水) 6勝4敗(使用デッキ:同上):証29声望63(残り声望37)
平日大戦2日目も6勝4敗とまずまずの成績でこの日も証2個盛りに成功。ホームゲーセンの方に「ここまできたら昇格戦までいけばいいのにw」と煽られ続けるも鋼の意思でフィニッシュ。次の日の仕事に影響するのと「これいける!」って言った瞬間から油断して急に勝てなくなるからですw成長したぞ俺!w

 

3月5日(木) 2勝1敗(使用デッキ:同上):証 29声望100 
満を持して昇格戦に到着。全勝ではないもののこの日の3試合は相手のデッキの面々をみて何をされたら嫌か、されたときにどうするかを考えてから試合に臨み実際にそれをされても焦らずに対処できていて、我ながらよく状況が見えているなと思える1日でした。この調子なら昇格戦もいけるはず!待ってろ土日!

 

<第3話結果>
主な使用デッキ:槍文鴦/機略司馬懿/弓衛瓘/馬荀灌
証と声望:証25声望52→証29声望100(昇格戦到達)

 

次回昇格戦そして最終回!今日はこの辺で。

第2話加醒の苦闘-覇王の果てまで何マイル?

どうも。予想よりも早く大型バージョンアップが来てしまいましたが、今日も三国志大戦征覇王への道プチ日記です。今回は2月25日から2月29日までになります。

 

2月25日 4勝2敗(使用デッキ:機略槍文鴦):証19声望98
本日より平日大戦が開始。仕事終わりにやりづらそうなデッキと評されながらもなんとか勝ち越しでフィニッシュ。しかし、疲労が色濃く残った大戦であったことは否定できず、5試合目勝利したものの怖すぎて無料進軍を選ばずに終了。平日は声望50増ぐらいを目標にやれればいいか。 征覇王チャレンジまで残りの必要声望502、先は長い。

 

2月27日 3勝0敗(使用デッキ:同上):証21 声望55 (残り声望445)
2回目の平日大戦はなんと3連勝。あっさり声望57を獲得しそそくさとゲーセンから撤退。やはり司馬懿の雲散プレッシャーがすごい。時々呂布とか警戒していなくて全滅食らうことがあるが、司馬懿のおかげで相手が打ってこない。本当にありがたい。

 

2月29日 17勝17敗(使用デッキ:同上):証25 声望52 (残り声望248)
証3つ盛りを目標にゲーセンへ。結果証は4つ盛れたものの勝率では過去最低の結果に。正直25戦超えたあたりからプレイが雑だったし休日の夜だったせいか相手が軒並み勝率高い人ばかりだった(ような気がする)。しかし、その中でも征覇王とのマッチングは3戦全勝最新19勝にも勝ったりとポジティブ要素も色々。証29声望100まではこのままやっていけば必ず届くだろうと確信を得た1日だった。問題は大型バージョンアップまでに間に合うのかどうか…。

 

<第2話結果>
主な使用デッキ:槍文鴦/機略司馬懿/弓衛瓘/馬荀灌
証と声望:証19声望47→証25声望52

 

さらに続きます。今日はこの辺で。

第1話決起の刻-覇王の果てまで何マイル?

どうも。今日も三国志大戦の話題。前回征覇王になろうか悩んでいるという記事を書きましたが、結局征覇王を目指すことにしました!なので、今日の記事から大型バージョンアップまでの戦いをプチ日記形式で書いていこうと思います。今回は2月22日から2月24日までの日記です、どうぞ!

 

2月22日 5勝1敗(使用デッキ:槍文鴦馬鄧艾→槍文鴦機略司馬懿):証13声望74
士気盛り陸抗を使いたい気持ちを抑え槍文鴦デッキを継続。鄧艾と文鴦の素武力で押し込んでいくのは楽しいものの、相手のフルコンがやはり文鴦だけでは止まらない。連環馬鄧艾で何とかした試合もあったが連環を序盤で吐くことが多く、やはりファイナルアタックでどうにもならず。というわけで馬鄧艾をあきらめ、機略司馬懿を採用。素武力面は弱くなったものの雲散のプレッシャーは凄まじくこちらのペースに持ち込みやすい試合が多かった。ひとまずこのデッキを擦り続けてみる。

 

2月23日 10勝4敗(使用デッキ:槍文鴦機略司馬懿):証16声望66
機略司馬懿型を継続。機略の範囲に入れようとミニマップを凝視するがあまり敵槍兵に刺さり司馬懿が撤退するなどお茶目なミスをかましながらもいい感じに勝ち越しを積み上げ証の3つ盛りに成功。マッチングが変わるとされる証20までは難なく行けそうか…?

 

2月24日 10勝6敗(使用デッキ:同上):証19声望47
上手くいった試合もあれば凡ミスで落とした試合もあり。1勝2敗ですら声望が盛れるのでひとまず勝率5割以上が出せればあとは試合数かなと思いつつ証3つ盛りに今日も成功。同じ槍文鴦機略使いのぱちろー3さんの動画配信を見返して機略味方掛けがそこそこ使えそうなことを学習。今のところ雲散でしか使っていないが文鴦と弓衛瓘を壁にして馬荀灌で連凸すればそれなりの火力は出せそう。

 

<第1話結果>
主な使用デッキ:槍文鴦/機略司馬懿/弓衛瓘/馬荀灌
証と声望:証11声望98→証19声望47

 

次回に続きます。今日はこの辺で。

目指せ征覇王…?

どうも。今日も三国志大戦記事です。ついに大型バージョンアップの告知が出ましたね。しかもアップデート時期は3月中ということでかなり早いなと思いました。

 

そして、大型バージョンアップ恒例の引継ぎ時にもらえる称号についてですが自分は征覇王にならないともらえないことがわかりました。現時点で証11なのでここから証18個増やした上に昇格戦を突破しないと手に入らないわけです。

 

単純計算でも毎日証を1個以上盛るぐらいのペースじゃないと間に合わないのでほぼあきらめムードですがとりあえず1日やってみてその結果次第で本格的にどうするか考えようと思います。

 

いずれにせよ、征覇王とは関係なく一応士気盛り陸抗デッキは1度やってみようと思っていたので今バージョンは「士気盛り陸抗デッキで遊ぶ」「義勇ロード全クリ」の2つを最低目標にやっていこうと思います。

 

義勇ロードの方は以前の記事で書いた通りイベントは全部攻略したのでただクリアすればいいだけなのですが蜀後伝だけで9話分あるなど意外と面倒なのでスタンプキャンペーンの消化と合わせてやっていく予定です。

 

というわけで現状報告でした。次回征覇王チャレンジに踏み切るのか…?
今日はこの辺で。

 

義勇ロードイベント全埋め

どうも。今日は今年始まって一番どうでもいい話題。

 

 

三国志大戦の義勇ロードイベントをすべて埋めました!w数にすると2800個以上あったのかな?現行バージョンより少し前から義勇ロード全ての伝で話が完結していたため、2月から一念発起して魏後伝や蜀後伝など1つも手つけなかったやつ含め一斉にやりました。2月の義勇だけで100戦以上やりましたねw

 

といってもイベントを全部埋めたときに特殊称号が貰えるとかでもないので、最後のイベントを埋めても何も変わりがない地味な終わり方でした。夏以降に特定の武将に絞った伝が追加されるということで真の意味でのイベント完全クリアではないということですね。

 

対人が主のゲームでも自分は結構1人用モードも好んでやるタイプです。大戦でもいつかストーリーを完全攻略したいと思っていたのでついに達成できたのはよかったです。

 

ただ、この後追加されるものもやるかどうかは微妙ですね…。というのもイベントを埋めるのは結構面倒なんですよね。イベントを発生させるために特定の武将を使わなきゃいけないのでカードがたくさん必要、勢力確定仕官も消化しようと思うとカード進軍せざるを得ないのでお金がかかる、カード進軍なので筐体での解任で少しは楽になりましたがたくさんこなすとその分大量にカードが出てきて後片付けが面倒などなど…。

 

ゲーム外での苦労が多かったというのが率直な感想です。とはいえ、ひとまずこれ以上やらなきゃいけないこともないのでしばらくは証10から3か月ほど動いていない全国対戦のほうをのんびりとやっていきたいと思います。

 

今日はこの辺で。

ピアノを半年やってみて

どうも。今日はピアノの話題。

 

昨年の8月からピアノを始めたという記事を書きました。その後も週2時間程度のペースで継続していて、昨年末に「ソラニン/ASIAN KANG-FU GENERATION」を一通り弾けるようになりました。現在は新曲「GLORIA/YUI」を練習しています。

 

ピアノを半年ほど続けてみて、今まで漠然と聞いていた楽曲が細かく聞き取れるようになった(よく聞くとこことここの間に1音入っているななど)他に自己肯定感が増えてきました。その要因を考えると以下の2つが考えられました。

 

1、初見で無理そうと思ったものがやってみると意外とできる

新しいパートや小節の楽譜を見るたびに「これ難しいよ、無理そう!w」と思うのが自分のピアノの常です。しかし、これが案外レッスンや家での練習を通じてだんだんと出来るようになっていきます。この何度も「見た目は難しかったがやってみたら意外とできた」経験を何度もするうちにピアノ以外の局面でも同じことを考え、挑戦するようになりました。以前の自分はやる前から諦めていたり、できる確信がないと手を出さない傾向が強かったんですよね。できないこともあるけどとりあえずやってみよう、そういう考え方が出てきたのもピアノを始めたおかげだと思います。

 

2、出来そうでもやらないと出来るようにはならない

「やってみたら意外とできた」経験が増えたのはよいことでしたが、一方で「今は難しいけどどうせできるでしょ」と楽観的な考えも出てきました。それ自体は悪くないのですが、これに甘えて練習しないとやはり出来るようにはなりません。そういった甘えを排除する意味でも定期的にレッスンがあるのは効果的です。レッスンに向けてある程度までできるようにする、できない場合はどこができないのか明らかにする。特に完成したものを発表する機会がないので、レッスンが1つの発表会と自分は考えています。

 

以上、ピアノを続けて起こった変化でした。ただ楽器を弾くだけでなく自分の考え方についてポジティブな変化が起きていることを実感しています。あとはこのまま、当初の計画であるGetWild完奏を目指していきたいですね。今日はこの辺で。

好きな数字

どうも。今日は普段と違ったネタ。

 

皆さんには好きな数字、色、アルファベットなどありますでしょうか。自分は「14」が一番好きな数字です。今日は何故14が好きなのか語ろうと思います。中身はないけど自分の中でも少し不思議に思ったので記録として残します。

 

何故「14」が好きなのか?理由を探してみたところ

1、好きなスポーツ選手の背番号が14
2、13の次の数字だから(仮面ライダー剣の影響?)
の2つが考えられました。1個1個詳しく書きます。

 

1、好きなスポーツ選手の背番号が14
ご存知の通り自分は阪神タイガース浦和レッズが大好きです。中でも好きな選手を1人と言われたら阪神では能見篤史投手、浦和では引退された平川忠亮選手になります。偶然にもこの2人の背番号が14なのです。どうやら、自分は「頑張っているベテラン選手」に惹かれるらしく能見投手は長年阪神の先発として(最近は中継ぎですが40歳の今も現役)、平川選手は運動量の多いサイドの選手として(余談ですが広島のミキッチも好きでした、彼も背番号14)頑張っていました。自分も能見投手や平川選手みたいに長く頑張れる人になりたい。そういう願いもあって14が好きになったようです。

 

2、13の次の数字だから(仮面ライダー剣の影響?)
自分は特撮系はほとんど見ないのですが子供の頃に唯一全話みた特撮が仮面ライダー剣でした。当時オンドゥル語なんてものは1mmも知らず、ただ純粋な子供として劇場版まで見たのですがそこで登場したラスボス的な立ち位置のキャラの名前が「14(フォーティーン)」でした。トランプを題材にしていることもあり13(キング)より更に強いという意味が込められているのでしょう。龍のような形をした巨大な邪神という設定なのですが、仮面ライダーの世界観でのあの巨大さは子供ながらに心に残るものがあり、それが15年近くたった今も影響しているようです。

 

というわけで14を巡る自己考察でした。実際好きな数字があるから人生がどうか変わるわけではないと思うのですが銭湯とかでロッカーに物を入れるときは積極的に14を探していたりしますw皆さんももし外せない数字や色があったらなぜそれを好きになったか考えてみると意外な発見があるかもしれません。長くなりましたが今日はこの辺で。