読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一気嗄声―BusterTK's Blog

僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

悲しいほど

考察

どうも。今日は午後からの授業でした。

午前中に美容院に行ってきたのですが、
頼み方が悪かったせいか何とも言えない髪型になりました。
やっぱり自分はかっこよくはならなあいなぁと思ってしまいました。

どうも、自分を過信しすぎたこの2カ月のように思います。
そしたら、ちょっとしげみにはいってしまって
じぶんがどこにいるのか分からなくなってしまいました。

でも、やっと最近茂みから抜け出しました。
自分一人で抜けた茂みではありません。
周りの友人達を見ていて抜け出し方を発見しました。

キーワードは原点回帰。
ちょうど去年の今頃に考えていたことを思い出しました。
将来自分がどうなるかは分からない。

昔から何も考えていなかったものを今考えても無理というものです。
それはともかく自分を必要としてくれる人を見つけたい。

きっとどこかに僕を必要としてくれる人はいるはずです。
昨日バイトで、「この仕事できるの、お前しかいないから」
と言われました。

本当かどうかはともかくとてもうれしかったです。
今まで自分から主体的に動くということをしてきませんでした。
ただ、他人に褒められたら他人よりもっと嬉しがる人間です。

一人ぼっちで生きていくと簡単に周りを見失うけれど
誰か他の人で僕を頼りにしてくれている人がいると思うと
まだこの世の中で生きていけるような気がします。

その頼ってくれる他人がいるとは思うけど視界には入らない。
というのはかなりつらいことですけどね。

そういうときはGLAYとL'arcに助けを借りることにします。

「自分らしく生きていくのに あなたがそばにいてくれたら
 ああ 夢から覚めた これからも あなたを愛してる
 ああ 夢からさめた 今以上   あなたを愛してる」

GLAYのBELOVEDの終わりの3行です。
涙なしにはかけない名歌詞ですね。
かなりの長文でしたが、今日はここまで!