読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一気嗄声―BusterTK's Blog

僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる

【三国志大戦4】デッキが出来るまでその3【4枚麻痺矢】

どうも。前回に引き続き4枚麻痺矢の大号令デッキを構築していきます。

 

前回までで【R丁奉/R太史慈】が確定しました。残りは3.5コストです。結論から述べると残りはSR周瑜とUC韓当を採用しました。

 

自分としては麻痺矢デッキには火計が必要と思っています。枚数が多いと話は違うと思うのですが4枚にすると麻痺矢を打つ部隊が最大でも4枚しかないので5枚デッキが相手だと確実に自由に動ける部隊が1枚できてしまいます。更に固まって行軍されると弓サーチの難易度が上がり接近されて乱戦により麻痺矢を撃てない状況になる確率がさらに上がってしまいます。

 

となると、正面からぶつかり合う以外の選択肢も用意しておく必要があります。火計はこの点を解決してくれる計略の最たるものです。そして火計の中で最高の火力を持つ周瑜を採用することにしました。

 

残りの1.5コストは悩んだのですがとりあえず武力が高く征圧2を持っている韓当にしました。蒋欽にすると開幕の征圧がCになってしまいただでさえ辛い開幕が更に終わってしまうため採用を見送りました。地味に将器に攻撃力上昇もありますし、弱くはないと思います。

 

さて、R丁奉/R太史慈/SR周瑜/UC韓当という人類の誰1人やっていないであろう麻痺矢デッキが完成しました。このデッキを使った結果については次回のブログで紹介したいと思います。今日はこの辺で。